買取情報まとめ 買取ストア

18金の買取査定時に気を付ける事

金の延べ棒 ジュエリーなどで使われている地金の中で一番多いのが18金です。
18金は金の特性でもある硬度を保っており
また金の含有率も高いので資産価値としても非常に高く
ジュエリーの素材としても非常に優れています。
そんな資産価値が高い18金を買取に出す時には何に気を付ければいいのだろうか。
そこで18金に注目して、買取を行う際に気を付けるポイントを説明します。

金についての詳しい情報

【18金の知識と買取情報】

18金というのは金の含有率が75%の合金です。
金には18金以外にも、10金・14金・18金・22金・24金などあり
それぞれの数字は金の純度を表しています。
また数字が高い程、金の純度が高いという事を示しており
その中でも24金は金の含有率が99%以上という示し「純金」を表しています。
中でも今回説明している18金は前述したように
金の特性でもある硬度を保っておりアクセサリーなどに最適な硬さと言えます。


【買取情報】

そんな18金を売る時に気を付ける事が「刻印を確認する」「金の買取を行う時には純金価格の75%の評価」です。
また、18金を買取に出す時に気を付ける事は「買取業者によって全く違う」という事です。
特に買取業者には割金の価値まで査定してくれる所と金の純度のみで判断するお店がありますので
買取査定を行う業者の販売ルートによって全く違いますので、必ず気を付けましょう。
また一店舗だけで買取を決めてしまうと損をしている事があるのでできるだけ多くの買取り業者で
査定を行う事をお勧めします。


【高価買取コツ】

金の買取で一番重要になってくるのが「時期」です。
金はブランド品と違って世界共通の相場(レート)があり、毎日価値が変わってきます。
なので相場が下がっている時に買取査定を行うとそれだけ損をしてしまう事になりますので
金の価値が上がっている時に売る事が大事になってきます。


【最後に】

このように金の買取を行う時には
「複数の買取業者で査定」「金の相場が上がっている時に査定」
など気を付ける事が沢山ありますので買取に出す時にはぜひ参考にしてください。