買取情報まとめ 買取ストア

森伊蔵はなぜ高く売れるのか

森伊蔵

鹿児島に本拠地がある森伊蔵酒造は

サツマイモを原料として昔ながらの手法で生産しており
非常に手間がかかる「かめつぼ仕込み」によって
イモ臭さのない口当たりの良いまろやかな味が
人気を集めている幻の焼酎と言われています。
そんな幻のお酒は生産される量が決まっており、月に1000本しか生産されません。
そのため今では店頭販売は行っておらず
現在では電話での抽選販売となっています。
そんな森伊蔵ですが、幻のお酒だけあって買取査定を行うと思いもしない金額になります。
そんな森伊蔵が高価買取される理由を調べましたのでご紹介します。

森伊蔵の買取のコツ

【なぜ高くで売れるのか】

森伊蔵の販売日になると二時間の間に100万本以上の電話が殺到しました。
この事から先ほどの説明した電話での抽選販売になりました。
これにより抽選者の当確率は0.2%とも言われており、更に価格の急上昇しています。
また森伊蔵の店頭販売価格は1.8リットルが一本2800円程度で販売されていますが
これが市場に出回ると定価をの何倍にもなり、一本13000円から~17000円の間の金額で取引されます。


【コレクターが多い】

森伊蔵のようなハイブランドになると、どこの買取店に行っても

「強化買取中!」と宣伝している事があります。
その中で森伊蔵を購入する人の中にはコレクターも多いです。
この事から付属品などがすべて付いていると高価で買取される傾向にあります。
お酒の買取では付属品自体にも価値がありますので揃っていればそれだけ高価査定
される事間違いありません。


【最後に】

森伊蔵ほどのプレミアなイモ焼酎は買取業者が一目置いている商品でもあります。特に大手の買取り業者では
常に高価査定される可能性がありますので
コレクションとして飾っているだけのお酒ならできるだけ早く売る事をお勧めします。
また他のお酒は数千円ですが
森伊蔵の場合は軽く数万円を超えてくるほどの特別なお酒ですのでぜひ買取を行ってください。